プログラム



・日本産科婦人科学会(専門医)学会単位および日本専門医機構学術集会参加単位/3単位
・日本生殖医学会生殖医療専門医・生殖医療専攻医 学会参加単位/5単位

期間中に、WEB配信(ライブ配信またはオンデマンド配信)を少なくとも1演題視聴した方(動画の指定はございません)



<ライブ配信>
11月28日(土)13:00-15:00
シンポジウム「移植・妊娠・癌の免疫-その同異点を考える-」
座長:齋藤 滋 先生(富山大学)
座長:楢原 久司 先生(大分大学産科婦人科学)
今留 謙一 先生
(国立成育医療研究センター高度感染症診断部/高度先進医療研究室)
「移植医療と免疫応答」
甲村 奈緒子 先生(市立貝塚病院 産婦人科)
「婦人科悪性腫瘍における骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)の機能の解明」
濵西 潤三 先生(京都大学医学部附属病院 産科婦人科)
「腫瘍免疫からみた生殖免疫」
森田 恵子 先生(富山大学産科婦人科)
「T細胞受容体の解析からみる妊娠と腫瘍における免疫学的機序の差異」
取得単位:日本専門医機構 産婦人科領域講習/2単位
※領域講習に関しましては、該当セッションを最後まで視聴した場合のみ単位を付与します。
<ライブ配信>
11月28日(土)15:30-16:30
特別講演「子宮内膜症の卵巣機能と胚受容能に与える影響―卵巣予備能への影響と着床における慢性子宮内膜炎の関連について―」
座長:若槻 明彦 先生(愛知医科大学)
演者:木村 文則 先生 (滋賀医科大学医学部産科婦人科学講座)  
【共催:持田製薬株式会社】  
取得単位:日本専門医機構 産婦人科領域講習/1単位
※領域講習に関しましては、該当セッションを最後まで視聴した場合のみ単位を付与します。
<オンデマンド配信>
配信期間:11月28日(土)~12月4日(金)
招聘講演 “EMBRYO-MATERNAL INTERACTIONS: A HISTORICAL PERSPECTIVE AND ITS IMPACT ON PRIMATE REPRODUCTION.”
Prof. Asgi T. Fazleabas, PhD
University Distinguished Professor and Associate Chair of Research, Department of Obstetrics, Gynecology and Reproductive Biology,
Michigan State University
<オンデマンド配信>
配信期間:11月28日(土)~12月4日(金)
理事長講演「生殖医療の実践と生殖免疫学」
柴原 浩章 先生(日本生殖免疫学会 理事長)  
<オンデマンド配信>
配信期間:11月28日(土)~12月4日(金)
学会賞候補演題
P1
根岸 靖幸 先生
(日本医科大学大学院微生物学免疫学教室)
「閉経後骨粗鬆症における自然免疫系の抑制:新しい骨免疫学の展開にむけて」
P2
尾崎 可奈 先生
(神戸大学大学院医学研究科外科系講座 産科婦人科学分野)
「母体炎症による胎児ミクログリア動態の変化は生後発達期まで持続する」
P3
奥山 みなみ 先生
(大分大学医学部)
「精漿の透析あるいは非働化処理が培養下の豚末梢血単核球におけるサイトカイン発現変化に及ぼす影響」
P4
柳澤 愛実 先生
(東京大学大学院医学系研究科 生殖・発達・加齢医学専攻)
「妊娠高血圧症候群において酸化ストレスはNrf2シグナルを介してオートタキシンの発現を促す」
P5
杉田 洋佑 先生
(日本医科大学 女性診療科・産科)
「ヒト子宮頸部線維芽細胞を用いた頸管熟化に伴うプロゲステロン応答性および潜在的な炎症性変化の検証」
P6
小野 洋輔 先生
(手稲渓仁会病院 産婦人科)
「CD206陽性M2 Macrophageは子宮内膜症の増悪因子であり、新たな治療標的である」
一般演題
誌面発表 / スライド発表(スライドの公開は任意となっております)
子宮内膜・子宮内膜症
01
加藤(庄司)果野子 先生
(日本大学医学部産婦人科学系産婦人科学分野)
子宮腺筋症患者における月経周期による血小板マーカーの変化
02
山谷 文乃
 先生(兵庫医科大学産科婦人科学講座)
子宮内膜症の病態におけるNK 細胞Natural Cytotoxicity Receptor発現とサイトカイン産生の関与
03
佐藤 初美 先生
(大分大学医学部産科婦人科)
子宮内膜ポリープが引き起こす内膜細胞への炎症波及効果
胎盤
04
加藤 雅彦 先生
(日本医科大学産婦人科学教室)
絨毛膜羊膜炎を伴わない早産における自然免疫およびHMGB1の役割〜ヘパリンの新たな作用点を探る
05
小古山 学
 先生(日本医科大学分子解剖、自治医科大学産科婦人科)
miR-675-5pは複数のmatrix metalloproteinaseの発現を上昇させ絨毛外栄養膜細胞の浸潤を促進する
06
大垣 有郁 先生
(東京農業大学 動物生殖学研究室)
マウスの加齢によって胎盤老化は起きるのか?
不育症
07
村上 直子 先生
(長崎大学病院産婦人科/ 独立行政法人地域医療機能推進機構諫早総合病院産婦人科)
当科における膠原病女性に対する妊孕性温存に関するコンサルテーションの現況
08
佐藤 善啓
 先生(杉ウイメンズクリニック不育症研究所)
不育症、着床障害患者におけるepidermal growth factor(EGF)に対する自己抗体と血液凝固系リスク因子の関係
09
市川 智子 先生
(日本医科大学 産婦人科)
不育症患者での血小板凝集能タイプの評価
卵子・精子
10
永堀 健太 先生
(東京医科大学 人体構造学分野)
熱ショックタンパク質(HSP)免疫によるマウス自己免疫精巣炎
11
曲  寧
 先生(東海大学医学部基礎医学系生体構造機能学)
ブスルファン処置後の精子形成障害における漢方薬の単独または併用投与における治療効果の差違
12
小原 瑞歩 先生
(山形大学大学院 農学研究科 動物機能調節学分野)
マウスの原始卵胞形成過程におけるグルココルチコイド経路の関与












学会事務局
大分大学医学部産科婦人科学講座
TEL 097-586-5922

運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ
TEL 097-529-6730
E-mail jsir35@c-linkage.co.jp

35th Annual Meeting of Japan Society for Immunology of Reproduction
第35回日本生殖免疫学会総会・学術集会

Copyright © 35th Annual Meeting of Japan Society for Immunology of Reproduction. All Right Reserved.