<学会賞受賞者>

第35回学術集会における学会賞受賞者は下記のとおり決定しました。

尾崎可奈(神戸大学大学院医学研究科外科系講座 産科婦人科学分野)【JRI Award】
母体炎症による胎児ミクログリア動態の変化は生後発達期まで持続する

小野洋輔(手稲渓仁会病院 産婦人科)
CD206陽性M2 Macrophageは子宮内膜症の増悪因子であり、新たな治療標的である

柳澤愛実(東京大学大学院医学系研究科 生殖・発達・加齢医学専攻)
妊娠高血圧症候群において酸化ストレスはNrf2シグナルを介してオートタキシンの発現を促す

第35回日本生殖免疫学会学術集会 終了のご報告と御礼

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて去る11月28日(土)~12月4日(金)にWEBにて開催いたしました第35回日本生殖免疫学会総会・学術集会におきましては、多大なるご支援・ご協力を賜り誠にありがとうございました。
今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、当初予定しておりました別府での開催は断念せざるを得なかったものの、約150名の方にご参加いただき、無事にWEB学会を終えることができました。これもひとえに皆様方のお力添えの賜物と心より感謝申し上げます。
ここに略儀ながら書面をもちまして、学会終了のご報告と御礼を申し上げます。



第35回日本生殖免疫学会総会・学術集会
会長 楢原 久司
(大分大学医学部 産科婦人科学講座 教授)

新着情報
2020.10.21 座長・演者の皆様へを公開しました。
2020.10.16 参加者へのご案内を公開しました。
2020.10.12 WEB開催プログラムを公開しました。
2020.10.12 オンライン参加登録を受付開始しました。
2020.10.01 演題募集を締め切りました。ご応募ありがとうございました。
2020.08.27 演題募集期間を9月30日(水)まで再延長しました。
2020.08.12 演題募集期間を8月31日(月)まで延長しました。
2020.05.28 ホームページを公開致しました。

学会事務局
大分大学医学部産科婦人科学講座
TEL 097-586-5922

運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ
TEL 097-529-6730
E-mail jsir35@c-linkage.co.jp

35th Annual Meeting of Japan Society for Immunology of Reproduction
第35回日本生殖免疫学会総会・学術集会

Copyright © 35th Annual Meeting of Japan Society for Immunology of Reproduction. All Right Reserved.