第35回日本生殖免疫学会総会・学術集会のご案内

写真のイメージ

第35回日本生殖免疫学会総会・学術集会
会長 楢原 久司
(大分大学医学部 産科婦人科学 教授)

 日本生殖免疫学会の会員の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 この度、第35回日本生殖免疫学会総会・学術集会を大分県別府市の別府国際コンベンションセンター・ビーコンプラザにおいて開催の予定でしたが、新型コロナ感染の影響で開催形態を、残念ながらWEB形式とさせていただくことになりました。WEB形式となったため、学会参加可能期間は11月28日(土)から12月4日(金)までの1週間を予定しております。
 今回のテーマは、「知の連携から新たなる飛翔へ」とさせていただきました。日本生殖免疫学会の発展を推進してきたのは、基礎系・臨床系、生殖・免疫に留まらない多様な領域にかかわる方々の交流・相互の連携です。その連携から新しい研究成果が得られ、今後の発展的ブレイクスルー(飛翔)を引き続き願う意味が込められております。
 このテーマをもとに、理事長講演、招聘講演(Professor Asgerally T. Fazleabas, Department of Obstetrics, Gynecology & Reproductive Biology, Michigan State University)、特別講演、シンポジウム「移植・妊娠・癌の免疫-その同異点を考える-」を企画させていただきました。加えて、18題の一般演題を応募いただきました。このうち、シンポジウムと特別講演を、この順でリアルタイム(ライブ)形式(11月28日13時から配信予定)、理事長講演、招聘講演、学会賞候補演題をオンデマンド形式とさせていただく予定です。
 第35回日本生殖免疫学会総会・学術集会へのWEBにての多数のご参加を心よりお待ちしております。

学会事務局
大分大学医学部産科婦人科学講座
TEL 097-586-5922

運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ
TEL 097-529-6730
E-mail jsir35@c-linkage.co.jp

35th Annual Meeting of Japan Society for Immunology of Reproduction
第35回日本生殖免疫学会総会・学術集会

Copyright © 35th Annual Meeting of Japan Society for Immunology of Reproduction. All Right Reserved.